ルイボスティー

夏の水分補給。

緑茶、麦茶、紅茶…

世の中にお茶といえばたくさんの種類があるけれど、最近ルイボスティーを飲んでいます。

個人的にいいと思ったルイボスティーの特徴を残しておきます。

 

ノンカフェイン

これは半ば必須の項目です。

朝も昼も夜も関係なく夏の水分補給としてがぶがぶ飲みたいので、1日の摂取量や摂取タイミングを気にしなくてもいいノンカフェインというのが気に入っています。

体を冷やさない

オフィスで麦茶を飲むと、体の冷えを感じます。

外出時や暑い室内では麦茶を飲むのはいいと思いますが、冷房の効いたオフィスでがぶ飲みするには体を冷やさないお茶のほうがよさそうです。

その点、ルイボスティー は血行促進作用があり体を温めるタイプのお茶なので、夏の冷房からくる冷え対策に良さそうです。

ステインがつきにくい

ルイボスティー ってけっこう色が濃いのですが、歯の着色汚れの原因となるタンニンは意外にも緑茶などと比べて少ないのだとか。

これならステインを気にせずがぶ飲みできます。

おいしい

麦茶の香ばしさってどうにも苦手なんですよね。苦味に感じてしまうというか。

ルイボスティーは華やかな香りで甘さもあっておいしいです。

最初はクセの強い風味と感じましたが、今は飲み慣れたのか好きな風味です。

ちなみに飲み初めの頃や飲むのをやめた後久々に飲むときとか、舌がピリピリします。

パイナップルを食べたときみたいな感覚で、たぶんアレルギーなのだと思いますが、しばらく飲み続けていると気にならなくなります。不思議。

あと、味変ができるのも面白くていいです。

牛乳を入れてルイボスミルクティーにしたり、ジャムを入れてフルーツティー風にしたり。

 

ほかにもいろいろある

抗酸化作用とか、いろいろあるらしいですが、いま自分が意識的に享受しているメリットはこんな感じ。